• ホーム
  • 初心者がするべき投資について

初心者がするべき投資について

グラフ

株式や外貨への投資など証券会社に口座開設をするとあらゆる取り引きが可能になります。
しかし、初心者の方は信用取り引きのように証券会社からお金を借りて自分の投入した金額以上の投資を行うことは危険です。
変動幅に応じて利益や損益が大きく出る特徴があり、ギャンブル性も高く、株価などの変動の特徴がある程度つかめるまではこのような取り引きはおすすめできません。
そのため、一般的に初心者の方にお勧めする投資は等倍での売買になります。

また、将来的に需要の減らない分野、他社との差別化が行えている企業への投資がお勧めです。
さらに設備投資を毎回更新しなくても収益を確実に出すことができる企業は、投資家に対しても高い還元が期待できる可能性が高くなります。

例えば、食品であればガムなど将来にわたって噛み方が変わらないであろうと想定できる会社や独自の技術を持っている飲料メーカーなどがあげられます。

売買時には収益から見た株式価格の妥当性などを判断する指標などの情報も提供されるため、初心者の方でも様々な状況判断をして購入する必要はあります。
しかし、購入時に正しい判断さえすれば、経済が成長する限り徐々に株価も上がることが一般的です。

また、外貨投資に関しても初心者の方は、先進国通貨への売買をお勧めします。
先進国であれば、通貨政策の確認や流動性もある程度確保ができます。
最近経済ニュースでも取り上げられることがありますが、取り引きで変動が大きくなるとサーキットブレカーなどが発動され一時的に取引を停止することがあります。
売りたい時に売れないという流動性のリスクを極力減らすためにも、初心者の方には有名な銘柄でかつ長期的に収益を上げる投資方法をお勧めします。