• ホーム
  • 太陽発電銘柄投資は比重、アコーディアゴルフ海外進出

太陽発電銘柄投資は比重、アコーディアゴルフ海外進出

最近は太陽光発電の設備を設置している家庭や職場も増えました。
これだけ普及したということは、太陽光発電に関連した事業の会社の株に投資すればよいことになりますが、実は太陽光発電は様々な企業に関係があります。

まず電機メーカーは電球自体だけではなく配電盤、制御装置、直流交流交換装置なども手掛けます。
メーカーごとに得手があります。

化学メーカーであればバックシート、セル、シリコン、電極材料、レンズなどです。
これらはメーカーによって作っているものに差があります。
機械メーカーはワイヤーなどですし、ハウスメーカーはエコ住宅や、住宅への設置工事で関わります。

また、そもそも、太陽電池を製造する機械自体を作っている会社もありますし、電力会社なら太陽光発電所、商社なら海外の発電所の運営に携わるという場合もあります。
各企業によって太陽光発電にどれほど比重を置いているのかに違いがありますから、太陽光発電銘柄に投資するという人は、比重を確認しながらにするといいです。
また、太陽光発電については売電価格が改定されていきますので、価格の動きに注目していくことは不可欠です。

投資は自分になじみがある分野の企業だとよくわかっているので安心ですが、ゴルフをやる人には投資先としてアコーディアゴルフが注目です。
アコーディアゴルフは、もともと経営するゴルフ場の数はトップでしたが、現在はファンドを作って国内のゴルフ場の多くをそのファンドに売り、そこから委託を受けるという形で運営しています。
その分シンガポールなど海外のゴルフ場運営に力を入れていますので、アコーディアゴルフに投資しようという人は、運営をどういう国に広げていっているかに注目するといいです。