• ホーム
  • NISAの投資は所得税が非課税、自社株買いには注目

NISAの投資は所得税が非課税、自社株買いには注目

日本円

株などへの投資は、以前は10%の軽減税率でした。
いわゆる証券優遇税制ですが、この制度は2013年までで終了しました。
2014年から証券税制が変更になり、株の配当金などの税率が20%になりました。

投資を最初に始めるにあたって、金融機関に特定口座を作るか尋ねられます。
これには二つあり、「源泉徴収ありのもの」と「源泉徴収なしのもの」に分かれます。

ありの方は、売買で利益が上がると金融機関でその都度源泉徴収されますので支払いを代行してもらえるわけです。
なお、現在は復興特別所得税が足ささりますので、実際は20.315%です。

なしの方を選びますと、源泉徴収されませんので、確定申告の時期に自分で手続きに出向かなくてはいけません。
手間を考えますと、なしの方がまるで損のようですが、実はサラリーマンは20万円までは所得税がかからないことになっているのです。
なので、それにあたる人は、自分で確定申告すれば得なわけです。
但し、控除があったり、株売買以外に他の収入があって限度額を超えたりする場合は、このケースに含まれません。

以上と比較しまして、有利な制度がNISAです。
この制度は10%の証券優遇制度が終了するのと入れ替わりで始まったもので、NISA口座で購入した株式の分配金などが、年間120万円までは、原則5年間非課税で済むという制度です。
所得税の面からずいぶん得ですから、ぜひNISAの口座を開設していくべきです。
投資するなら株主に多く還元してくれる企業ですが、最近増えているのが自社株買いをする企業です。
自社株買いには、株の需要供給のバランスを良くする、業績に比べて低い株価を高める、などの効果がありますが、株主にとっても良い材料ですから、自社株買いの情報には常に注意しておくようにします。

サイト内検索